wordpress

【初心者にオススメ】不具合が少ないキャッシュプラグインWP fastest cacheの設定方法

みなさん、WordPressを高速化させるためにキャッシュ系プラグインを使用している方は多いのではないでしょうか?

またはキャッシュ系プラグインを現在検討している方もいらっしゃるかと思います。

キャッシュ系プラグインで有名なところで言うと、「W3 Total Cache」や「WP Super Cache」などがあります。

しかし、これらのキャッシュ系プラグインの使い方は初心者にとっては少し難しいし、モバイル設定の表示がおかしくなったりとキャッシュ系プラグインを嫌いになりそうになりました。

しかし、WP fastest Cacheを使ってみたら簡単に設定も出来た上に不具合も少ないと感じたので今日はこちらのプラグインを紹介していきたいと思います。

WP fastest Cacheとは?

キャッシュプラグインの中でも、簡単に使える上に日本語対応している上に普段キャッシュプラグインを使ったことのない初心者にも簡単に設定ができるオススメのプラグインです。

キャッシュの仕組み


もちろんほとんどの人がキャッシュの仕組みは知っているかもしれませんが、Tips程度にキャッシュの仕組みです。

キャッシュをオフにしているとユーザーがWebページにアクセスする度に、データベースから毎回、毎回情報を送ってもらっています

そうするともちろんデータベースまで距離が遠いので情報を読み込むのに時間が掛かります。

キャッシュオンにしていると、キャッシュが中継地点として「過去に読み込んだデータはわざわざデータベースから引っ張らなくて良いよ!」と使った情報は再利用してくれる仕組みになっています。

WP Fastest Cacheのインストール方法

WordPressでプラグインを使っている人はもうすでに知っているかと思いますが、一応説明しておきます。

1. WordPress画面>プラグイン>新規追加

2. WP Fastest Cacheで検索して「いますぐインストール」しよう

3. WP Fastest Cacheを有効化しよう

まず、日本語設定にしよう

WP Fastest Cacheのインストールが終わったら、日本語設定をする必要性があります

早速WP Fastest Cacheを開いてみましょう。

WordPress画面>WP Fastest Cacheアイコンをクリックしましょう。

WP Fastest Cacheを開くとこんな感じの画面になっているので、こちらの一番下のLanguageという項目が「English」になっています。


こちらを「日本語」に変更しましょう。

※「日本語」を選んだら、「Submit」を押すのを忘れないようにしましょう。
これで日本語になったので設定が簡単にできるかと思います。

 

WP Fastest Cacheの基本設定

まずはじめに、WP Fastest Cacheの設定方法についてです。

これから初めてキャッシュプラグインを使用する場合は、チェックできる場所はチェックするのがオススメです。

薄い灰色の文字で書かれているところは有料版限定の機能ですが、無料版でも十分な機能が網羅されています。

基本設定については当方はWP Fastest Cache無料版を使用しているため無料版の設定について解説していきます。

キャッシュ

WP Fastest Cacheの機能を有効化・無効化がここだけで簡単にオンオフが出来ます。何が不具合が会った時はここをオフにすることで元に戻せすことが出来ます。

Preload(プレロード)

プレロード機能は定期的にあらかじめキャッシュを生成してくれる優れものの機能です。

1分につき、4つのページのキャッシュを定期的に生成するため、最初に来た訪問者でも早く表示することが可能です。予めキャッシュを定期的に作成しておくことによって、今後かかる負荷を分散させることができます。

基本的にプレロードは全部にチェックを入れておいて良いでしょう。

✔︎サーバーによって数字に注意

通常のサーバーなら1分につき4-6ページの設定が公式から推奨されています。VPSなどの高速サーバー関しては1分につき10-12ページを設定も可能とのことです。
普通のサーバーを使っている人は4ページで良いかと思います。

ログインユーザー

「ログインユーザーに対してキャッシュを表示しない」にチェックを入れるとログインユーザーに対してキャッシュを生成しません。

「ログインユーザー」=「管理者または編集者」が多いと思います。

これらのユーザーに関しては常に更新状態を確認すると思いますので、更新状態を確認できるようにログインユーザーに対してはキャッシュ生成がされないようになっています。

モバイル

「モバイルユーザーに対してキャッシュを表示しない」にチェックを入れるとモバイルユーザーに対してのキャッシュが生成されません

WordPressのテーマによってはモバイル表示とPC表示が異なります。

その場合にキャッシュオンにしているとモバイル端末からのアクセスなのにも関わらずPC表示になってしまうなどの誤作動を起こす可能性があります。

もちろん「モバイルユーザーに対してキャッシュを表示しない」にチェックを入れておくと、モバイル端末に対してのアクセスの負荷を軽減できませんが、誤作動を起こすよりかはチェックを入れておくことをオススメします。

有料版には、モバイル版に対してのキャッシュ生成をしてくれる機能もあります。

 

新しい投稿

「投稿またはページが公開されたときにキャッシュファイルをクリアする」にチェックを入れておくと、記事を投稿した際に毎回勝手に全てのキャッシュを削除してくれるようになっております。

毎回、新しい投稿がされる度にキャッシュはリフレッシュしたいかと思います。

基本的に「すべてのキャッシュをクリア」を選択して良いでしょう。

更新ポスト


リライトなどした後に、リライトした情報などを新しいものを提供したいですよね?

「投稿またはページが更新されたときにキャッシュファイルをクリアする」にチェックを入れると、元々あるページが更新されるとキャッシュを自動的に削除してくれるようになっております。

リライトなどの更新は1記事単位で行うことが多いので、こちらの設定は「投稿/ページのキャッシュをクリアする」を選択しておくと良いでしょう。

✔︎投稿/ページのキャッシュをクリアするにチェックを入れると

・更新記事のキャッシュがクリアされる
・更新記事カテゴリーのキャッシュがクリアされる
・更新記事タグのキャッシュがクリアされる

この3つを行なってくれます。

HTMLの圧縮

「HTML を圧縮してページサイズを小さくする」にチェックを入れると、HTMLの余分なスペースや改行を取り除き圧縮してくれます。
それによってページの読み込みも少し早くすることが可能です。しかし、HTMLの圧縮は多少の容量にしか過ぎないことが多いです。
またHTMLを圧縮すると、見て編集する際にもコードの見栄えが悪くなるのでHTMLを手動で編集する人はチェックを入れるのはオススメではありません。

CSS の圧縮

「CSSを圧縮してページサイズを小さくする」にチェックを入れると、HTMLと同様にCSSの余分なスペースや改行を取り除き圧縮してくれます。
有効にしても、そこまで大きな影響は及ばさないです。
CSS編集をよくする人に関しては、チェックを入れなくても良いかもしれません。

CSSの結合


「CSSファイルを結合してHTTPリクエスト数を減らす」にチェックを入れることで、WordPress上にあるCSSファイルを1つにまとめてくれてCSSファイルを開くを早くしてくれた結果、ページ読み込み速度が早くなります。

イメージとしてCSSファイルがたくさんあると、その分CSSファイルへのアクセスも増えるので読み込みに時間が掛かります。

それを結合することで時間短縮をして、ページ読み込み速度を早くしてくれます。

JSの結合


「JavaScript ファイルを結合してHTTPリクエスト数を減らす」のチェックを入れると、CSSの結合同様、HTTPリクエスト数を減らし結果として、JavaScriptファイルへのアクセスを早めることにより、ページ速度を早くするものです。

Gzip圧縮

「サーバーから送信されるファイルをGzip圧縮する」にチェックを入れると、テキストやHTML、CSS、JavaSciriptなどのページリソースを圧縮してから、サーバーから転送されるので、結果高速化することができます。

 

Gzip圧縮機能を使わない状態

Gzip圧縮機能を使った場合


https://www.wpfastestcache.com/optimization/enable-gzip-compression/より

このように圧縮することによって、転送の負荷を減らすことができます。
既に.htaccessファイルで設定している場合は不要になります。

 

ブラウザキャッシュ

「ブラウザキャッシュを利用してロード時間を短縮する」にチェックを入れると、ブラウザのキャッシュ機能を利用することでページ読み込みを早くしてくれます。

ブラウザキャッシュは、Webフォントや画像など1度読み込んだものをブラウザにキャッシュとして一時的に保存しておいておくことです。

なので、1度訪れたサイトに関して、再度訪れた際には以前保存した情報をもとに読み込み速度を早くしてくれます。

キャッシュ系プラグインはトラブったら、一旦停止しよう


キャッシュ系プラグインを使う際は更新したのに更新されなかったり、ページエラーが発生したりとやたらとエラーが多いのが付きものだと思ってください。

今の所「WP fastest cache」を使用してトラブルに見舞われたことも、トラブルをあまり聞きません。

しかし、何かしらのトラブルにあったら一旦プラグインを止めることをオススメします。
また常にWordPressを使うなら、バックアップを取っておくことをオススメします。

✔︎キャッシュ系プラグインを扱う上での心得

・バックアップを取る
・トラブったら、プラグイン停止

この2つは忘れないでください。

最後に:WP Fastest Cacheがキャッシュ系プラグインで使いやすくトラブルも少ない

今のところトラブルにもあっておらず、初心者でも使いやすいと高評価状態のキャッシュプラグイン「WP Fastest Cache」を紹介しました。

ちょっとしたブログやサイトを作るくらいであれば、「WP Fastest Cache」の無料版で十分な機能を持っています

少しでもあなたのWebページを高速化させたい場合はぜひ、「WP Fastest Cache」を試してみましょう。

またその他の項目であなたのWebページを高速化したい場合は以下の記事がオススメです。

【初心者でもできる】WordPressを高速化するたった10の方法!WordPressを使ってWebページを持つ人やブログを持つ人が年々増えてきましたね。 WordPressを使い始めたはいいけど、...

WordPressの高速化をお試しください!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus