SEO

SEOってよく聞くけど、なぜSEOが重要なのか徹底説明!

SEOってなんで重要なの?

SEO。ブロガー。google analytics。アフィリエイト。

そんな言葉が最近では、流行り始めて来ましたね。むしろ過ぎ去ったくらいでしょうか。

SEOって言葉を実際に聞くけど、どうしてみんなブログを始めた人やサイトを構築する人がそこまで、SEOを気にするのかを書いていきたいと思います。

 

そもそもSEOって何?

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを指します。

SEO(検索エンジン最適化)とは

 

 

ここにもある通り、SEOとは検索エンジン最適化のことを意味し、検索されるように工夫をこらす取り組みのことを指すようです。

だから、Googleさんとかで調べた時に、上位に出てくるか、出て来ないかをひたすら気にしながらサイトを構築することをします。

 

SEOって言うけど、どんなに良質な記事を書こうが読まれなければ意味がない

ぶっちゃけ、SEOを何故ここまでこだわっている人がたくさんいるのかと言うと、「どんなに良質な記事を書こうが読まれなければ意味が無い。」

ここが本質にあります。

どんなに時間をかけようとも、その記事が読まれなかったら意味が無いのです。

例)

本当に伝えたい情報Aがあったとします。しかし、その情報は全く理想のユーザー層から検索されません。

しかし、伝えたいと思わない情報Bは理想のユーザーが検索する言葉です。

つまり、情報Bを優先して、情報Aを書かないと読まれないのです。

 

そもそもそのユーザーはこの何千万、何十万という数のある情報量から辿りつくことができるのだろうか?

まず、その記事に辿り付かなければ、ユーザーが見ることも無いのです。

 

だから、みんなSEOSEOってSEOをよくする方法をWeb関係では、常にひたすら追い求められているのです。

 

ユーザーに読まれることによって、先のビジョンが描ける

読まれる記事を書くことによって、読んでくれる人の層だったり、読まれている記事がなんなのか?とかどんどんターゲット層が浮き彫りになって来ます。

そもそも、誰にも読まれなかったらどんな記事を書いていいかすらわからない。

だからこそ、読まれるためにSEO対策、SEO対策ってどのサイト運営者も力を入れるわけです。

同じワードでもSEOランキング1位と10位ではこんなに違う!?

これはとある講演会にて実際にメディア運営している会社さんから聞いた言葉をお借りするのですが、実はSEO1位と10位ではどうやら10倍もアクセスが違うようです。

例)

順位検索ワードPV数
1○○ PV 500,000
10○○ PV 50,000

 

   

これだけ違うようです。

 

あくまで上記は推定なので、合っているとは限らないですが上記のPV数だと広告収入もかなり変わって来ます。

 

例) 上記例の広告収入の例

順位PV数広告収入
1PV500,000150,000
10PV50,000 10,000

このPV数だと本当に、広告収入も15倍ほど変わるくらい、1位で表示されるのと、10位で表示されるのではこれだけ違うようです。

SEOって、やらなきゃいけないことが多いの!?SEOの本質はコレ

SEOって、SEOキーワードツールを使用したり、ページスピードをあげたり、SEOを上げるためにも色々な手法があると思います。

しかし、SEOを上げるための本質は全てここにあります。

「良質なコンテンツを作成し、ユーザーに対して価値のある情報を提供する」

そのために、ページスピードをあげたり、キーワード選定したりするわけです。

大前提にここがあるわけです。また次回のブログなどでは、じゃあ実際に「良質なコンテンツを作成し、ユーザーに対して価値のある情報を提供する」ためには、どんな項目をクリアするべきなのか?っていうところを書いていこうと思います。

 

まとめ 見られる記事を書かなければ、水の泡になる。

 

どんなに伝えたい情報があっても、それはユーザーにとっては検索されにくい言葉なのかもしれません。

その場合は、伝えたい情報をメインに揃えるよりもユーザーにとって有益なメッセージを優先してから伝えたいメッセージを盛り込むと効果がより良くなります。

なので、まずは見られる記事を作っていきましょう!!

ABOUT ME
山田 裕太(やまちゃん)
現在、東京とセブを行き来する大学4年生のwebデザイナー。高校時代に情報科に所属していたことから、困っている人をwebの力で助けたいと思いながら、大学2年次セブ島へ留学したり、大学4年時ではスタディツアーを大学生向けに運営したり、かき氷店の出店を見据えたかき氷販売などをセブ島にてする。20代の若者達に新しい生き方に挑戦できるロールモデルとして「Yamalog.online」を運営。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus