ネットで稼ぐ

【Googleアドセンス支払額8000円突破!】でもいつ報酬は支払われるの?

やま王
やま王
こんにちわ、やま王です

Google Adsense(アドセンス)の最低支払額である8000円に見事皆様のおかげで到達することができました!

でもいつ報酬は支払われるの?とかどうやってそこまで到達することができたのか?とかそこら辺を記事にしようと思います。

実は2018年の9月から本格的にGoogleアドセンスにサインアップして本格的にブログを書いていこうと決意しました。

それから約5ヶ月が経ち、ようやく最低支払額である8000円に到達することができたのでそちらに関してお伝えしたいと思います。

この記事では以下のようなことがわかります。

・Googleアドセンスの初支払いはいつになるの?
・どうやってブログでの収益を上げていくのに意識したこと

それでは早速見ていきましょう。

Googleアドセンスの初めての支払いはいつになるのか?

Googleアドセンスの初めてのお支払いは、確定した月の月末にあなたが登録した銀行口座に支払われます。

支払い例

12月1日〜12月31日 +2500円
合計額 8500円
このように12月中に8000円を越したとしましょう。

その場合は1月3日頃までに、報酬の確定がなされます。その時点で、報酬基準額である8000円を超えていた場合確定した月末である1月21日〜1月26日に支払われます。

でもここまでに収益を受け取るのに必要な5つのステップがあるので、必ずこちらを確認しておくようにしましょう。

AdSense のお支払いは月単位で行われます。収益の受け取りに必要な 5 つのステップを完了していただくと、翌月の 21 日から 26 日の間にお支払いいたします。その間、[お支払い履歴 ] ページでお支払いの処理状況をご確認いただけます。詳細については、お支払いスケジュールをご覧ください。
https://support.google.com/adsense/answer/4731479?hl=ja

 

Googleアドセンスのお支払いまでの流れ

一応、Googleアドセンスから支払われるまでに絶対に完了していなければいけない4つのステップがあるのでこちらを合わせておさらいで見ていきましょう。

もう最低報酬額の8000円を超えているのにまだ準備ができていない場合は、なるべく早く対応しましょう!

1. Googleアドセンス審査通過

ここがかなりの難所だって言う人もいます。自分は日記みたいな感じでブログを適当に30記事くらい書いてたらそれがアドセンスに通りました。

2. 住所確認とPINコード受け取り

自分がGoogleアドセンスに登録している住所にPINコードが記載されているハガキを送付するよう、確定収益が1000円を超えた辺りから可能です。

そして、送付してもらったハガキのPINコードをアドセンスから確認して打ち込みます。

3. お支払い口座の登録と承認

2番のPINコードを確認する作業と同時に、収益を受け取るための口座の登録を求められます。

その時に、お支払い口座が合っているのかを確認するためにGoogleから少額の振込があります。それをGoogleアドセンスのサイトに行き、いくら振り込まれたのかを承認します。

その作業が終わると作業完了です。

4. Googleアドセンスの最低支払額である8000円を越えよう!

お支払いまでひたすら記事を書いて、あとは収益8000円を超えるだけです。

 

一応、下記がGoogleアドセンスの引用で支払いを受け取るまでの流れとして記載されているものです。

お支払いの受け取りに必要な手続き

AdSense からのお支払いを開始するには、以下の手続きがすべて完了している必要があります。
1. 税務情報を提供する(該当しない地域もあります)
お住まいの地域によっては、税務情報をお知らせいただく必要があります。詳しくは、Google に税務情報を送信する方法をご覧ください。

2. お支払い受取人の名前と住所を確認する
後述の個人識別番号(PIN)はアカウントに登録された住所に郵送されるため、お支払い先の住所とお支払い受取人名に間違いがないか、必ず確認してください。情報の修正が必要な場合は、手順に沿ってお支払い受取人名の変更またはお支払い先住所の変更を行ってください。

3. お支払い方法を選択する
AdSense での収益がお支払い方法選択の基準額に達すると、お支払い方法を選択することができます。お支払い先の住所によって、銀行口座振込(電子決済)、単一ユーロ決済圏(SEPA)の銀行口座振込(電子決済)、電信送金、小切手、ウエスタン ユニオン即時現金など、いくつかのお支払い方法をご利用いただけます。お支払い方法の設定についてご確認ください。

4. 本人確認をする(該当しない地域もあります)
お住まいの地域によっては、お客様の氏名、住所、生年月日などの情報による本人確認が必要となる場合があります。本人確認を求められた場合、通常は本人確認が正常に完了するまで住所確認を行っていただく必要はありません。

5. 住所確認の手続きを行う
AdSense での収益が住所確認の基準額に達すると、AdSense アカウントに登録されているお支払い先の住所に個人識別番号(PIN)が郵送されます。Google からお支払いを行うには、AdSense アカウントでこの個人識別番号(PIN)を入力していただく必要があります。個人識別番号(PIN)は普通郵便で郵送され、届くまでに 2、3 週間かかります。PIN について詳しくは、住所(PIN)確認の概要をご覧ください。

追記

これらの5つのステップが必要なのですが、上記はGoogleから引用したものなのでいくつか勘違いが無いように追記させて頂きます。

1番の税務情報の記入に関しては、アメリカやカナダと言った国に住んでいる人のみです。日本在住者で日本の銀行口座を使用する場合は特に1番はスキップして大丈夫です。

また3番の本人確認に関しても、ハガキが届くのでそちらで大丈夫です。

2~5番に関しては、収益確定が1000円を超えたあたりから始まります。お支払い情報の記入だったり、住所確認のハガキだったりは1000円を超えてから全てが始まります。

 

Googleアドセンスで収益を上げるために努力した3つの方法

あんまり需要があるかわからないですが、Googleアドセンスの支払額である8000円に達するまでに努力した主な要素をちょっと紹介します。

でも圧倒的にブログの書き方とかは変わったのでこれからGoogleアドセンス始める方の参考になれば幸いです。

色んな人の記事を読みまくる

まずは、同じ土俵に立っている人で有名な人がどんなことを発信しているのか?ここら辺を徹底的に読みました。
「こんな考え方あるんだ!」とか「自分に持っていない考え方や書き方」など色々学べます。

自分が持っていないたくさんの武器・思考を学べます。
デザインや言葉遣い、見出しなども学べるので、どうしてヒットしているのかも学べます。

「成功者から学べ」この言葉の通り、成功している人の行動やできることから真似していくのが成功の近道です。
真似と言ってももちろんコピペはダメです!方法や手法を自分のものにするということです!

とりま書いてみる

「こんな記事を書いてみたけど需要あるのかな?」ぶっちゃけ需要があるのか、無いのかは誰もわかりません!
でも、いざ書いてみると案外読まれたりするもんです。
「まだ500文字しかない…」いえ、そんなこと無いです!

500文字しか無くても、誰かの役に立つこともあるのです。

自分と同じような経験をしたり、考え方を求めている人が日本のどこかにいるかもしれません。
とにかく収益あ上がるか、読まれるかは置いといて書きましょう!

書かないと始まりません!

自分のブログを時々見返し、リライトはこまめにしよう

これがマジで案外効果的!自分のブログ見てますか?
やっぱり情報というものは常に更新されるものです。
意外とSEOで上位に来る記事は案外リライトが重要だったりします。
何か想定読者にとって足りないものがあるな、と感じる場合は付け足しで気づいた時点で更新しましょう。
これで数字が倍に伸びたこともあるので、リライトは自分のブログのレベルをどんどん上げるのにかなり役に立ちます。

まとめ:アドセンス報酬は確定した翌月末に振り込まれる!

どうでしたか?Googleアドセンス支払いっていつになるのか?本当に支払われるのか心配ですよね?これらの事項を確認すれば支払われるので大丈夫です。

まとめ1:Googleアドセンスの支払いは確定した月の翌月末に振り込まれる!

まとめ2:Googleアドセンス支払いまでの流れは以下である!

1. Googleアドセンス審査通過

2.住所確認とPINコード受け取り

3. お支払い口座の登録と承認

4. Googleアドセンスの最低支払額である8000円を越えよう!

まとめ3: Googleアドセンスの最低支払い額8000円まで努力した3つのこと

・色んな人の記事を読みまくる

・とりま書く

・自分のブログを時々見返し、リライトはこまめにしよう

ABOUT ME
山田 裕太(やまちゃん)
現在、東京とセブを行き来する大学4年生のwebデザイナー。高校時代に情報科に所属していたことから、困っている人をwebの力で助けたいと思いながら、大学2年次セブ島へ留学したり、大学4年時ではスタディツアーを大学生向けに運営したり、かき氷店の出店を見据えたかき氷販売などをセブ島にてする。20代の若者達に新しい生き方に挑戦できるロールモデルとして「Yamalog.online」を運営。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus