Web

【後悔する前に】おすすめのバックアップ先3選!バックアップは簡単にできる!

バックアップを中々取る環境が無いよって方はいませんか?

・大切なWebサイトのデータが破損してしまった…
・大切な原稿が納期前に消えてしまった…

いつこのような事が起こるかわかりません。これらのデータを失って復元する方が時間も労力もかかります。

今日は簡単にデータのバックアップを取る上でおすすめのバックアップ先を紹介します。

パソコンのデータがどこかへ行ってしまった!なんてなる前にバックアップを取って事前に防ぎましょう。

簡単にバックアップは取ることができる!

インターネットが発達した今、簡単にバックアップを取ることができます。例えば、皆さんスマートフォンやパソコンはお持ちですよね。
今使っている、パソコンやスマートフォンには簡単にバックアップできるようなストレージ(倉庫)に簡単に繋がる事ができます。
今ではこんな便利なサービスで簡単にバックアップ・端末同士で共有ができる
・Dropbox
・Evernote
・GoogleDrive
などなど…
簡単に今お持ちの端末で簡単に文章やちょっとしたデータであればクラウド上で共有もできちゃいます。

またバックアップのイメージといえば、HDDが強いかもしれませんが今では大容量の1TBでもそこまで値段は張らずに購入する事ができます。

パソコンのHDDやSSD容量がカツカツになってきた時に一旦データを避難させてパソコンの一部のデータを消した際にも
「あのデータがない!」なんて一大事を防いでくれます。

しかし、クラウドストレージにアップロードするのもそうですがやはりパソコンやスマートフォンのデータは何かに備えて丸々一式バックアップできる環境を整えておくのが大切です。

オススメのバックアップ先3選!

ぶっちゃけおすすめのバックアップ先は3つだけです。

・外付けHDD
・外付けSSD
・クラウドサービス

外付けHDD(ハードディスクドライブ)

外付けHDDといえば、言わずとしてバックアップのイメージが強いかと思います。
今では価格もかなり安くまたポータブル型のスマホより少し大きいくらいのHDDがたくさん売られています。
丸々、パソコンのバックアップを取るのにとてもオススメです。

ここがHDDのポイント!
・容量が大きい割に低価格で購入する事ができコスパも高い!
・衝撃や熱にはあまり強くなく寿命があまり長くない
・最近ではポータブル型のスマホより少し大きいだけのサイズも登場!

どちらも使っていますが、特に不具合なく良好なHDDだと思います!

AmazonでHDDを購入するのであればこの2つは無難でコストもそこまでかからずおすすめです。

外付けSSD


外付けSSDは小型HDDと何ら大きさは変わらず、SSDの特徴といえばデータの読み書きが「高速」ということです。
HDDから乗り換えた人のほとんどの人が「体感できるくらい早くなった!」と感じるくらいSSDは速いです。
外付けSSDのブランドにもよりますが、HDDの3~4倍くらいは読み書きの速度は速くなっています。
もちろんHDDに比べて衝撃にも強くなっているのが外付けSSDの特徴です。性能も高い分コストも高く大容量のSSDを買うには少し手が出しづらい範囲です。
しかし、大事なデータのためと思えばその出費の方がデータがなくなるよりマシ!です。

ここがHDDのポイント!
・データの読み書きが高速
・HDDよりも衝撃耐性に強くなっている
・少し値段が張るが高性能!

外付けSSDなら圧倒的にSamsung性のものをオススメします!

クラウドサービス


今やパソコンや手持ちのスマートフォンなら簡単に、クラウドサービスに接続する事が簡単にできます。
有名どころのクラウドサービスといえば、

・DropBox
・Evernote
・iCloud
・Googleドライブ

などが存在します。基本的にPCやスマホのデータを丸々バックアップしようとすると月額課金が必要になります。
月額の課金制なので長くデータを保持したい人からしたらかなり高く付いてしまう場合もあります。

しかし、スマホや他の端末からでもクラウドなのでアクセスしてデータをいつでも取り出せるのはクラウドサービスの強みでしょう。
その利便性を考えたら、バックアップとしての役目も果たしてくれるのでコスパはそこまで悪くないかもしれません。

DropBox

プラン名 価格 容量
Basic 無料 2 GB
Plus 1,200 1,000 GB (1 TB)
Professional 2,400 2,000 GB (2 TB)

DropBoxといえば、全世界で5億人以上が使用しているクラウドストレージサービスとして有名ですね!

Evernote

プラン名 価格 容量
ベーシック 無料 60MB
プラス 360円 1GB
プレミアム 600円 10GB

文章のクラウドサービスといえば、Evernoteです。簡単に文字にアンダーラインを引いたり、画像を貼ったり好きなようにノートを簡単に作り、シェアすることもできるので
勉強したことを書いたり、シェアしたりするのにとても向いています。文章のバックアップにはおすすめです。

Google Drive

プラン名 価格 容量
15GB 無料 15GB
100GB 250円 100GB
200GB 380円 200GB
2TB 1300円 2TB

Googleが出しているクラウドストレージサービスです。

iCloud

プラン名 価格 容量
5GB 無料 5GB
50GB 130円 50GB
200GB 400円 200GB
2TB 1300円 2TB

Appleが出しているクラウドストレージサービスでiPhoneなどには最初からインストールされていてよく目にするのでは無いでしょうか。

ここがクラウドサービスのポイント!
・いつでも端末があれば共有してバックアップにアクセスできる!
・管理コストが常に毎月かかってくる
・クラウド上にあるので脆弱性の危険に晒されている

バックアップは簡単にできる!

今ではバックアップアプリは標準搭載!

WINDOWS→バックアップと復元
MAC→TimeMachine

たくさんの方がこちらのバックアップ情報を掲載しているので現状割愛させて頂きます。
これらを使って簡単に、あなたのパソコンに入っている情報を丸々簡単にバックアップする事ができます。

それだけでなく、丸々取らなくてもドラッグアンドドロップでバックアップしておきたいファイルやフォルダだけストレージに繋いで簡単に保存が出来ます。

最後に:こまめに必要なファイルだけでもバックアップをとっておこう!

バックアップが時間や労力を全て救ってくれます。

あなたが今まで頑張って貯めてきたデータがお金を払っても戻ってこないかもしれません。

大事な原稿、大事なデザインファイル、大事なパワポ、大事な動画、大事な素材

これらをもう一度作り直したり、取り戻すためには「たくさんの時間とお金がかかります」

たったの1万円くらいのコストでそれらのデータをバックアップし、万が一の時に戻す事ができるなら安いと思います。

クラウドサービスが正直一番便利ですが、お金を少しでも節約したい場合はHDDで十分です。そこまで使い倒すつもりも無ければトラブル事はありません。

こまめにデータのバックアップは皆さんとっておきましょう。

 

ABOUT ME
やまおう
リゾバで50万稼ぐ→フィリピン留学🇵🇭→大学卒業→月間100万PVサイトライター→フリーのWebデザイナー→国際結婚してWI アメリカ🇺🇸に移住。 波乱万丈な人生を海外で。
関連してよく読まれている記事