フィリピン編

シキホール島の大自然に圧倒! セブ島から約7時間で行ける大自然を紹介。

[voice icon=”https://yamalog.online/wp-content/uploads/2017/09/icon.png” name=”やまちゃん” type=”l”] こんにちわ、セブ島大好き山ちゃんです。[/voice]

今日は、先日訪れた「シキホール島」は素晴らしい自然が溢れかえっていて、そのすべてに圧倒されてしまいました。

そこでそんな「シキホール」をちょっと紹介しちゃいます。

 

黒魔術師が住むと噂されている島でもある!?

フィリピン人にSiquijor(シキホール)島の事を聞くと、「あの島は不気味だ」とか「恐ろしい」なんていう人がいます。なんでそんなマイナスな印象があるのか?

(Black Magic)黒魔術をかけることのできる魔術師が存在すると言われており、いろいろな類の魔術師がいるんだとか言っていました。だから恐ろしくてあんな島なんて近づけないよっていうフィリピン人がたくさんいます。

あと、惚れ薬とか相手を惚れさせるための魔術とかもあるとか。

でも、逆に「あんなの信じないよー」なんていうフィリピン人も中にはいます。

※信じるか信じないかはあなた次第です。

そんな噂はさておき…

どうやって行ったのか?

セブ市内からの行き方は数通りありますが、いずれもネグロス島のデュマゲッティ経由が格安で行ける方法となっている。

セブ→デュマゲッティ→シキホールです!全部船です。

セブ⇆デュマゲッティはバスでもいけます。(SouthBusTeminalより)

 

まず自分は、セブ市内のPier1から夜22時頃出発し、船の中で寝て朝の4時頃デュマゲッティに到着するといった感じでした。

そこから朝5時〜始まるレストランを待ち、レストランでゆったりとご飯を食べてました。すると陽も昇ってきました。

長めの良いレストランからの一枚

朝からランニングする人、ウォーキングする人

「デュマゲッティ」も外国人結構多いし、健康的でいい感じな街だなと感じました。

デュマゲッティの港

さあさあ、8:30の船までめっちゃ待っていよいよ、港から乗ってシキホールへ行きます。そうこうしているうちに…

「シキホール島到着」

 

シキホール島へ到着。

シキホール島のロゴシンボル

港を出ると「WELCOME TO SIQUIJOR」の文字が。もちろんここまでにギラギラしたトライシクルのお兄ちゃんがたくさんいました。まあゆっくりしてから乗ります。

Agodaで取った「Palm Village Guest House 」があるSan Juan(サン・ホアン)という地域に向かいます。

そこを拠点に2泊3日で無限に行動していきます。

 

大自然溢れるシキホール島

1日かけてトライシクルのお兄ちゃんにシキホール島を観光案内してもらいました。そこで撮った写真やら場所やらをちょっとここでは紹介します。

Century Old Balete Tree(センチュリーオールドバレットツリー)

千年樹的なかなりでけえ木があります。ここはそれよりもドクターフィッシュを体験できることでかなり有名とされています。

そんなわけでここにはたくさんの人が足だけ浸かっています。かなりこれがくすぐったいです。(ドクターフィッシュ見えづらくてすいません)

 

Lazi Church

なんか、あんまり気が気ではなかったものの、文化を感じるためラジ教会という1884年に設立された教会へ行ってきました。本殿?は反対側にあるらしいのですが、そこはなんか工事中でした(2017.1月現在)

中はここまで壮大

平日に行ったので、本当に観光客やガイドさんが出入りするだけの感じでした。歴史の重みと空気の違いだけは感じ取れました。

 

Salagdoong Beach Resort 

すごく欧米系の外国人がたくさん集まっていて、バケーションを楽しんでいる方がたくさん見ることのできたビーチです。また中にはレストランもあるのでお腹が空いたら気軽にご飯も食べられてすごくいいビーチでした。

休日ビーチ

 

これだけ見ると、すごく自然に溢れた場所が多いなと思わされました。

また島を一周できる道がほぼ大きな道が一本になっているため、わかりやすいです。

トライシクルから眺める一本道

トライシクルに乗りながら受ける風は最高でした。

 

ビーチから見る夕焼けと船

ここでビール飲んでまったりしてみたい、だなんて今更後悔している。

 

ご飯ってどうなのよ!?

そりゃあ観光地へ行けば、うまいもん食えます!

いや、屋台は屋台で数は少ないけどそれなりに美味しいですよ。もちろん屋台飯は地元価格なのですごく安いです。

場所によってはですが、自分のゲストハウス近くではマンゴーシェイク50Pで提供してくれました。(まあまあですね。)

しっかりとリゾートとか行くと、外国人向けのテイストアレンジされた料理がたくさんあります。

特に…

Coco Grove Beach Resort

(結構でかいリゾート地)

ここではグラタンやらおしゃれな雰囲気でかなりのハイクオリティの料理が楽しめます。

(1人で700Pくらい使ってしまいました。)

でもすごく美味しかったです。

 

Coco Grove Beach Resortはとりあえずやばかったです、敷地でかすぎて話にならなかったです。迷子になりそうでした。

 

まとめ 外国人がちょっと多かったけど大自然すぎた。

いかがでしたでしょうか?

シキホール島は欧米系の外国人観光客もかなり多い島で、外国人だからめちゃ浮くってわけでもありませんでした。

あとはよくスクーターを乗り回している外国人がよく道を遮っていきます。

セブ市内から半日もかからないで到着できるので1泊以上で

[voice icon=”https://yamalog.online/wp-content/uploads/2017/09/icon.png” name=”やまちゃん” type=”l”] ぜひ、一度はシキホール島へ訪れてみてはいかがでしょうか?[/voice]

ABOUT ME
山田 裕太(やまちゃん)
現在、東京とセブを行き来する大学4年生のwebデザイナー。高校時代に情報科に所属していたことから、困っている人をwebの力で助けたいと思いながら、大学2年次セブ島へ留学したり、大学4年時ではスタディツアーを大学生向けに運営したり、かき氷店の出店を見据えたかき氷販売などをセブ島にてする。20代の若者達に新しい生き方に挑戦できるロールモデルとして「Yamalog.online」を運営。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus