フィリピン編

実際、フィリピンのセブ島ってどんな感じなの?

こんにちわ、山ちゃんです。

 

近年では、日本からバニラエアなどのLCCによって往復でも「2万円」程度で行くことのできる、フィリピンのセブ島

また語学留学としても、とても格安で行くことができると人気になっていますね。

そこで今回は何度もフィリピンのセブ島に渡航したことある、自分が実際にフィリピンにあるセブ島ってどんな感じのところなのか、今日はザックリレポートしたいと思います。

 

[su_box title=”目次”]

  1. 気候
  2. 物価が日本の1/3!?
  3. セブって海のイメージ!?あるよね?
  4. ご飯ってどんなの食べてるの?
  5. 移動手段ってどうなのよ?
  6. どんなお店があるの?

[/su_box]

こんなにも僕からしたらフィリピンのセブ島は魅力的です。

気候

とにかく年中、セブ島付近はあったかいです。28°以上は全然良くあります。

でもよくクーラーとか効きすぎて寒かったりします。

台風などの影響も受ける事はないですが、7月〜11月頃にかけてスコールがよく降ったりします。

2月〜5月頃にかけてめちゃめちゃサマーシーズンになり始めます。

 

物価が日本の1/3なの!?

いや、世間体的には物価は日本の1/3と言われています。確かにそのくらいの感覚でいれなくもないです。

例えば…

➀日本 – 定食屋 500円〜1000円 フィリピン 定食屋(カレンデリヤ)100円-300円

➁日本 – タクシー初乗り 410円  フィリピン タクシー初乗り – 100円程

はい、かなり結構安いです。ビビります。

 

が、しかし…

➂日本 – いちご400g 1000円程 フィリピン – いちご400g 3000円程

など逆に言えば、高いものもあるんですね。まあいちご自体はフィリピンでもミンダナオ島の方にある涼しい高山地帯でしか栽培が難しく輸入せざるおえないなどの要因が挙げられますが、この価格にはびっくりです。

 

電気代も日本と変わらないもしくは、少し高いくらいに感じますね。

なので、ここで暮らしていくには本当に安い物と高いものを見分ける必要性があるかと思います。でも過半数が日本よりも安いです。その1/3の物価というのもうなずけます。

 

セブ島って海のイメージ!?あるよね?

フィリピン自体は本当に島国なので、海にどの島も囲われています。セブ島が海きれいとかいうイメージが世間いっぱん的に植えつけられていますが、実際にそんなことないです。

むしろゴミだらけと言っても過言ではありません。近年、デパートの発展などにより汚染もされていてセブ市内から近い海は綺麗なエメラルドグリーントとはなかなか言い切れません。

 

 

結構、生活汚水とかが流れこんできてて、市内付近に面している海は海とは言えません。セブ市内の隣にあるマクタン島のビーチリゾートはギリギリいいかと思います。

 

でもかなりの綺麗な海を見たいのであれば、人の少ない島に船で移動するなどの手段を取ればこのくらいのレベルの景色は簡単に見れます。

ボホール島のパングラオのビーチです

まあ、日本に来た外国人が富士山行きたいから東京とりあえず来るような感覚かと思います。

 

ご飯ってどんなの食べてるの?

結論から言うと、あんまり野菜は美味しくなくて、ほとんど肉を好み、濃い味付けが多いです。

これでもヘルシーさを重視したつもりなのですが、野菜と言っても、「パプリカ」「ゴーヤ」「にんにく」「ネギ」くらいです。

いたるところでしつこい味付け、スパイシーな味がフィリピンでは好まれます。しかし、筆者である私からするとこれがまたやみつきになったりします。

 

お酒との相性が良くて、いつもお酒が欲しくなります。

安定の果物はどれも美味しくて、びっくりです。特にバナナやマンゴーといったものが美味しいですね。

 

移動手段ってどうなのよ!?

移動手段は基本的に、バス・バン・タクシー・ジプニー・トライシクル・ハバルハバル(バイク)が基本です。

タクシの隣にあるのがジプニーです。ジプニーは市内を基本的に7P~10P(20円-25円)程度で走っています。ちょっと隣の町などにいったりするときは18P(45円)など値段は変動するので聞いてみてください。

タクシーは初乗り40P(100円程)から始まり、メーター代も請求されるのでジプニーに比べたら3,4倍の値段は普通にしてしまいます。

 

これはボホール島へ行った時に撮った写真ですが、トライシクルは3,4人で全然乗れます。だから目的地が同じの人がいる時に乗り合わせて割り勘で結構使えます。

どんなお店があるの?

もうお店は栄えた地域、セブのビジネスパーク付近やITパーク付近ではいろんな外食産業が入ってきて、世界規模のファーストフード店はそこらじゅうにあります。例えば、マクドナルドスターバックスコーヒーをはじめとしたショップがあります。

The Coffee Bean&Tea leaf) アメリカから入ってきた企業です。

(BO’S COFFEE) フィリピン産のコーヒーショップで根強い人気を誇っています。

(Mang INASAL) チキンのファーストフード店

チキンとライスのコンビがどのセットも手頃な価格で楽しめて最高です。

フィリピンで根強いマックよりも強いJolibeeというファーストフード店などもあり、それなりにいたるところに店はあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

過ごしやすさを気候面で言えば、暖かいフィリピンのセブ島。

また物価も日本よりも安くとても面白い場所なのでチェックしてみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
山田 裕太(やまちゃん)
現在、東京とセブを行き来する大学4年生のwebデザイナー。高校時代に情報科に所属していたことから、困っている人をwebの力で助けたいと思いながら、大学2年次セブ島へ留学したり、大学4年時ではスタディツアーを大学生向けに運営したり、かき氷店の出店を見据えたかき氷販売などをセブ島にてする。20代の若者達に新しい生き方に挑戦できるロールモデルとして「Yamalog.online」を運営。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus