フィリピン編

大学生だった僕がセブ島に留学してみて良かった理由

[voice icon=”https://yamalog.online/wp-content/uploads/2017/09/icon.png” name=”やまちゃん” type=”l”] 僕は大学2年時にセブ島留学を選びました。[/voice]

・なんでフィリピンのセブ島を選んだのか?
・留学して良かった点、悪かった点

をガチ目に、これからフィリピンのセブ島に留学しようと思っている方向けに述べていこうかなと思っています。

なんでフィリピンのセブ島留学を選んだのか?

 

理由はシンプルで留学費用がめっちゃ安かったからです。

セブ島留学とはマジ無縁だったあの日、友達がふと誘ってきた。

[voice icon=”https://yamalog.online/wp-content/uploads/2018/04/6a50b4dd.png” name=”友人” type=”r”] 留学一緒に行かねー?[/voice]

[voice icon=”https://yamalog.online/wp-content/uploads/2017/09/icon.png” name=”やまちゃん” type=”l”] 英語喋れるようになりたいけど、留学マジ高くねー?
安くてもアメリカは半年で250万、オーストラリアも半年250万くらいやん。考えとくわ。[/voice]

 

これで会話は終わりました。

とても当時の僕には親にお金を借りようと思っても大学に入るのにお金を借りているので流石にこれ以上、手が出なかったです。

でも留学に行きたい。そんな野心だけは消えなかったのです。

ネットでひたすら留学の情報をググりまくった結果、フィリピンのセブ島が安いらしい、そんな情報や口コミをめちゃくちゃネットから拾うことができました。

フィリピンなら1ヶ月留学20万でおk!?

そんなノリで僕は留学をノリとネットの情報で決めました。

 

留学行く前にしたこと

 

ひたすら単語が大事とかそんなことが書いてあったので、無限にキクタンというシリーズの単語帳をやってました。

本当にこれだけです。文法とか発音とかは一切無視でした。

 

なぜなら、セブ島で受ける授業は全部英語だから単語がわからないと説明すらもわからないと思ったからです。

実際に単語はやっておいてよかったなと思いました。

理由は単語、単語でも先生達はこっちが表現するまでゆっくり待ってくれるんです。しかも単語を覚えておくことによって、留学後に表現できる幅も広がったと感じました。

 

ぶっちゃけ日常会話喋るのに中学レベルの単語だけで会話は十分かもしれませんw

 

実際にセブ島留学に行ってみて良かったこと

 

僕は1ヶ月半留学に行ってました。まあ変化あって良かったです。結果から言うとTOEICは75点しか上がらなかったです(笑)

留学へ行く前の状況留学へ行った後の状況
会話聞き取るのキツイ日常会話を聞き取れるかつ返事もできる
外国人の前だとまじで黙りこむ声掛けに行けるレベル
外国人の友達皆無 とりま増えて世界の見え方変わる

 

まあこんな感じで結構、世界の見え方とか価値観も変わったのもこの留学後でしたね。

行動しないよりは、失敗してもすることの大事さも学びましたし、セブ島留学は英語を喋るって以外の目的でもかなり自分を変えてくれたと思います。

 

実際にセブ島留学に行ってみて感じた悪かったところ

 

あんまりセブ島留学行ってきた系の記事って悪かったことって書く人少ないと思うんですが、これからセブ島に留学する人のためにマジなぶっちゃけ話も書き留めておきます。

現地の生活に慣れると誘惑が多くなる

クラブ、ショッピングセンター、ビーチ、マッサージなどといった誘惑が結構多くて、コミュニケーションを取るって名目以外で遊びすぎると、日本よりも物価が安いため遊びたくなりがちになる誘惑が多いのは結構ありますね。息抜きも大事ですが、酔い潰れて授業サボる友達とかも居たので特に自己管理を大切にしてください。

空気あんまり良くないとか飯が合わないとかあるという方もいらっしゃいますが、空気に対してはマスク、飯はうまいとこ見つけるまで我慢って感じですかね。

 

現地の人は優しい人多くて、困った経験は日本よりあるけど、なんだかんだ大丈夫でした。

 

セブ島留学の結果 価値観も世界の見え方も変わった。

 

日本じゃ経験できないことめっちゃ体験できるだけじゃなく、もちろん英語の能力も少なからず行く前よりは確実に伸びたんで、最高でした。

成功するにせよ、失敗するにせよ、経験するってところから人は始まると思いました。

 

セブ島の留学のこと聞いてみたい!って方は…

SNSっ子なので。

Twitterでリプ来れれば答えます!

@Yamalog_

 

ABOUT ME
山田 裕太(やまちゃん)
現在、東京とセブを行き来する大学4年生のwebデザイナー。高校時代に情報科に所属していたことから、困っている人をwebの力で助けたいと思いながら、大学2年次セブ島へ留学したり、大学4年時ではスタディツアーを大学生向けに運営したり、かき氷店の出店を見据えたかき氷販売などをセブ島にてする。20代の若者達に新しい生き方に挑戦できるロールモデルとして「Yamalog.online」を運営。
関連してよく読まれている記事
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus