フリーランス

【大公開!】フリーランスなら時間管理が大事なワケとコントロール方法

フリーランスって自由とか、フリーランス=最高みたいな風潮がありますが、

フリーランスほどめちゃくちゃ働いているイメージはあります。

もちろん場所とかに囚われない人は増えていますが、作業、作業、作業です。

イメージとしては、本当にマナブさんのツイートにある感じです。

フリーランスも会社員も人には平等に「24時間」配られています。

でもこの24時間の使い方次第でフリーランスとして

バリバリ稼いでいる人とそうじゃない人に分かれてしまっってなんか虚しいですよね。

フリーランスで時間管理に苦しんでいる人はたくさんいるかと思います。

時間管理術ってたくさんあって、どの方法が誰に適しているかとか、

僕もぶっちゃけわからないです。

おそらく自分と思考や行動が似てしまう人ならあてはまる可能性が高いので、

こんな人に読んで欲しいです。

こんな人に読んで欲しい

・優先順位がなかなかつけられない
・やることがたくさんあって途中で他の事もしてしまう人

僕も時間管理ができていなかった人ですが、

時間管理することによってかなり生産性が上がったのでシェアしたいと思います。

フリーランスほど時間管理が大切なワケ

フリーランスって人によっては、

1ヶ月で5,6件とかも同時平行に案件を請け負って死にそうになってしまう人などいます会社ではないので助けてくれる人はいません。(フリーランス仲間は除く)
あ、ちなみにそれ過去の僕です。

なので、1人で全て自己責任を追って請け負った仕事を時間内に納品しなければなりません。
時間の管理の仕方によって、実績を上げられるか、あげられないかも変わってくるくらい重要なものです。

時間管理で自分を殺すことも生かすこともできます。

なので、自分を時間で苦しめてしまう前に時間の使い方がわかればと思います。

フリーランスの時間管理にまず必要な概念

フリーランスが時間管理をする上でまず大事な3つの概念です。

1. 時間管理をする上でどんなツールを使うのか?
2. スケジュールはなるべく空けておく
3. 隙間時間をどう活用すべきなのか?

1. 時間管理をする上でどんなツールを使うべきなのか?

ぶっちゃけメモ帳でもリマインダーでもGoogleカレンダーでも何でも良いです。とにかく使い慣れたツールを使いましょう。

大事なのは、ツールを使い分けることです。

自分のフリーランスの仕事スタイルに合わせて使うツールもしっかり分けるということです。

僕の場合
長期の目標設定・・・Googleスプレッドシート
短期的な目標設定・・・メモ帳

これだけで時間管理を基本的にしております。時間管理というよりはいつまでに何のゴールを達成しなければいけないのか?というイメージです。

自分のライフスタイルにあったサービスを使い分けることで時間を効率よく使えるのでツールを使い分けることをオススメします。

2. 優先順位の高いもの以外スケジュールはなるべく空けておく

スケジュールって言葉を聞くと、「やばい、何するか埋めなきゃ!」とかそう思っていませんか?

でもその埋めたスケジュールの時間全て同じ行動を1分、1秒ズレなく達成する人は少ないと思います。
スケジュールを細かく行っていく方が、ストレスが半端ない上に疲れてしまうのでなるべくスケジュールは空けるようすると良いです。

どうしてもやらなきゃいけないこと上位5個以外はスケジュールには書き込みません。

優先順位をつけて、必要なもの以外はスケジュールから削ります。そうすることによって余計なこととかしなくて済みます。

3. 隙間時間をどう活用すべきか?

隙間時間って絶対にできますよね?

・あなたがクライアントから返信待ちをしている時
・外出して電車を待っている時

などなど

そんな隙間時間にあなたは何をしていますか?
隙間時間も地塵も積もれば大きな時間になります。

隙間時間ほど、優先順位の高いものを予め決めておいて入れることをオススメします。

時間管理に困っているフリーランスなら絶対に決めておきたい3つの項目

時間管理に困っているフリーランスなら絶対に作っておいた方が良いリストを紹介致します。

1.やることリスト
2. やらないことリスト
3. スケジュールパターン

1. やることリスト

やることリストの書き方ですが、自分の将来の夢や自分の人生から逆算して必要なのものをを書き出していきましょう。
それに対して「やること」をリスト化していきましょう。
あとは「やることに対して期限をつけましょう。」いつまでにそのやることが実現するのかが大事です。

やることの例

・「100記事を書く」= 必要な時間:360時間 達成できる期間:3ヶ月半

また書いたリストの中から最優先事項を決めることをオススメします。

・第一優先「100記事を書く」= 必要な時間:360時間 達成できる期間:3ヶ月半
・第二優先「ロゴパターン365個作成する」=必要な時間:1日30分×365日 達成できる時間:182時間半

・やること

・期限決め

・優先順位

この3つだけ決まっていれば問題ないです。

2. やらないことリスト

やらないことってめちゃくちゃ大事なんです。なんでか?人は無意識のうちに無駄なことをしている時間が多いんです。

僕も過去にやっていたことは「寝る前にYoutube1時間見る」これが圧倒的に次の日の生産性を落としていたりと、

フリーランスにとっては欠かせない生産性とかにも関わってくるのです。フリーランスで時間をコントロールしたいなら「やらないことを決める」ということも大切なのです。

例:「寝る前にTwitterをやらない」「朝起きてメールのチェックをしない」

やらないことを決めることによって、自分が本当にしなければいけないことを明確化することができます。

・嫌な習慣をやらないリストに書きましょう

3. あなたの調子次第のスケジュールパターンを作る

あなたのやることをどれだけ時間を割くことが可能なのか、実際に決めましょう。

たとえ、どんなにできるライターでも、デザイナーでもいつもノリノリというわけではないと思います。

今日は3000文字しか書けなかったとか全然あると思います。自分のやることリストにどれくらい時間を割けるのか書き出してみましょう。

(例)

・めちゃめちゃやる気がある時:1日8時間 週3
・普通な時:1日6時間 週2
・めちゃくちゃやる気が出ない時:1日2時間 週2

週に40時間自分は好きなことに割きます。この中から自分が使う時間がわかった上で何に使うのか、優先順位があればもうわかりますよね。
このように自分のモチベーションをコントロールしながら、自分のやることを達成していきましょう。

・1週間でどれくらい作業するのか決めておきましょう

まとめ:フリーランスほど情報整理が求められる

フリーランスほど時間管理をするのが難しい職業は無いと思います。別にYoutube見てても上司からも叱られませんが、働かないとガチでクライアントからの信頼は無くすし、収入は無くなります。

とにかくまずは紙に書き出してみましょう。

これこそ、情報を整理する上で大切な行為です。そこから見えてくるものがあると思います。

ABOUT ME
山田 裕太(やまちゃん)
現在、東京とセブを行き来する大学4年生のwebデザイナー。高校時代に情報科に所属していたことから、困っている人をwebの力で助けたいと思いながら、大学2年次セブ島へ留学したり、大学4年時ではスタディツアーを大学生向けに運営したり、かき氷店の出店を見据えたかき氷販売などをセブ島にてする。20代の若者達に新しい生き方に挑戦できるロールモデルとして「Yamalog.online」を運営。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus