フリーランス

田舎でビジネスするなら「フリーランス」から始めると良い理由

絶賛田舎フリーランスのやまおう(@yamalog_)です。

田舎ってビジネスのチャンス無くね?そう思っていませんか?

確かに田舎は都会よりも人は少ないので、無いかもしれません。

でもインターネットが発達した今、本当に田舎だからビジネスが不利とかあるのかが疑問に思っています。

田舎はビジネスするのに僕は都会よりもチャンスが凄くあると思っています。

今日は田舎でビジネスを成功させたい人たちに田舎でフリーランスがビジネスをする上で強い理由を実際の田舎フリーランスの自分が紹介していきたいと思います。

こんな人にこの記事はおすすめ

・田舎でビジネスを成功させたい人
・田舎ビジネスをどのように成功させたら良いかわからない人
・東京から田舎に引っ越そうと思っている人

東京よりも田舎でビジネスが成功しやすい理由

東京よりも田舎にしかない強みがたくさんあります。

田舎でビジネスが成功しやすい理由は以下があるのでは無いでしょうか?

・固定費が安い

・田舎の競合他社が少ない

・田舎は娯楽が少なく、ビジネスに集中しやすい

田舎フリーランスとして実際に活動してみて感じたことです。

1. 固定費が安い

田舎のメリットといえば圧倒的にこれですね。

田舎は固定費がめちゃくちゃ安すぎます。
コワーキングスペースとかも東京だと、登録料こみで10000円はしてしまうのがスタンダードですが田舎なら5000円を切ります。

ビジネスで大事なのが「固定費を下げて、高い利益率を出す」ことです。
田舎の強みの一つと言えるでしょう。

2. 田舎の競合他社が少ない

東京にいると感じるんですが、いろんな人がいすぎて中々自分の味を出しきれないってないですか?

どこに行っても東京はサービスが溢れかえりすぎて常にレッドオーシャンではありませんか?

田舎ならそんな競合他社が結構少ないので、ちょっと変わった切り口で切り出せばまだまだ参入が可能なところです。

3. 田舎は娯楽が少なく、ビジネスに集中しやすい

田舎は良い意味でも、悪い意味でも娯楽が限られてきます。なので、だいたいすることが同じ生活仕様になってくるのです。東京にいると「アレもしたい、コレもしたい!」ってどんどん分散してしまいがちですが、田舎はそんな無駄を断ち切ってくれやすい傾向にあります。

それらを踏まえた上で、田舎フリーランスが強い理由を紹介していきます。

田舎こそインターネットを活用したビジネスをすると最強になれる

単純に「低い固定費かつ高い利益率」を実現させるなら、インターネットを使ったビジネスをするのがおすすめします。

「地元の商品を売る場合、地元で売るよりもオンラインで売った方が売れるかもしれません」

それは、クライアント数が田舎だけだと限られてしまうけど、インターネットを使うことで一気にその見込み客数が伸びるからです。

まあつまり、@manabubannaiさんの言う通りだと思います。

インターネットを活用したビジネスでいうと、ブログやプログラミングになります。

その他オンラインショップなどもありますが、おすすめなフリーランスでやるべき事業を紹介していきたいと思います。

田舎フリーランスにオススメするインターネットを活用したビジネス3選

田舎でフリーランスなら、圧倒的に「固定費が低くて、利益率が高い」ものを目指しましょう。

今日はその中でもどんな方法でビジネスを始められるのか紹介いたします。

1. アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のブログや自分のホームページに広告主の商品を掲載し、そこから購入された場合、売上の一部が報酬として支払われる仕組みのことをアフィリエイトと言います。

アフィリエイトは、固定費がサーバーとドメイン費しかかからないのでめっちゃくちゃ簡単に始めやすいです。

アフィリエイトって何?アフィリの始め方は?って方向けにこちらに書いてあります!

【簡単】アフィリエイトを今日から始められる3つのステップとは!?Webで飯を食っていく手段の中に最近では「アフィリエイト」という手段がありますね。 私自身もアフィリエイトは本業ではないのですが、ちょ...

 

2. クラウドソーシング

クラウドソーシングを使って、ライティングや文字起こしなどといった仕事を業務委託として請負うことができます。

クラウドソーシングなら田舎にいようが、海外にいようがどこでも仕事を請け負うことができるのでオススメ致します。

クラウドソーシングてなんぞや?って方向けの記事がこちらです。

【実録】クラウドソーシングは稼げない?10倍以上収入を増やした方法今ではフリーランスという言葉は、よく聞くようになりましたね。フリーランスにもたくさん種類はあるのですが、その中でよく聞く言葉といえば.....

 

3. ネットショップ

ネットショップを持つことで自分の作品や技術を簡単に売ることができます。
これを使って自分の持っている強みをネットショップで売りましょう。

ネットショップのBASEは少しだけ手数料が取られてしまうところが難点ですが、その手数料で自分のお店が持てるのはかなりのメリットでしょう。

BASEに登録してみる

最後に:田舎でビジネスをフリーランスとしてするなら失敗するリスクが少なすぎる

いかがだったでしょうか。

東京よりも田舎の方がビジネスが成功しやすいメリットは確かにそうですが、ビジネスは必ずとも成功するとは限りません。

東京だろが、田舎だろうが、ぶっちゃけ行動して思考したものが成功すると思います。

田舎でフリーランスという形ならまだリスクが少ない形でビジネスをスタートできるので、今日はフリーランスをオススメさせて頂きました。

何かあれば、ご相談ください!

ABOUT ME
山田 裕太(やまちゃん)
現在、東京とセブを行き来する大学4年生のwebデザイナー。高校時代に情報科に所属していたことから、困っている人をwebの力で助けたいと思いながら、大学2年次セブ島へ留学したり、大学4年時ではスタディツアーを大学生向けに運営したり、かき氷店の出店を見据えたかき氷販売などをセブ島にてする。20代の若者達に新しい生き方に挑戦できるロールモデルとして「Yamalog.online」を運営。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus