スマホ

【Appleユーザーが語る衝撃の結末】iPhoneとAndroidはどっちがいいのか比較!

こんにちわ、絶賛田舎フリーランスのやまおう(@yamalog_)です。

普段の僕は絶賛Appleユーザーです。

✔︎現在使用しているPCやタブレット端末一覧

・iPad mini
・iMAC 2013 Lateモデル
・MacBook Pro Retina 2012 Lateモデル

そろそろぶっちゃけ替えどきやな〜汗

ここら辺は最新ではないですが、もうMac製品で埋め尽くされています。

そんなMac製品ばかり使っている人だから、Androidなわけないでしょ?って思うかもしれませんが、結論から言うと僕は「Android」を使用しています。

AndroidかiPhoneどちらが良いか悪いかで言えば、ユーザーの使い方次第です。

ぶっちゃけ自分はコスパで選ぶなら確実にAndroidが良いと断言します。

✔︎自分のスマートフォン履歴

・iPhone 5
・iPhone 6
・Xperia Z3 compact
・Xperia Z5 compact
・HUAWEI P9 lite
・HUAWEI P20 lite

iPhoneは6までしか使ってないですが、友人などのiPhoneを借りてXまでは一通り体験しました。(気持ち)

でもなぜ、ここまで普段使いAppleユーザーが最終的にAndoroidを選んだのか理由を説明していきます。

また比較できない良さがiPhoneにもAndroidにもあるのでそれぞれ良いところを紹介していきたいと思います。

どんなユーザーがiPhoneに適していて、どんなユーザーがAndroidに適しているのかも自分の経験談からこれから新しいスマホを選ぶ人の参考になったらと思い記事を書くことにしました。

結論:コスパはAndroidの方が優秀

iPhoneもAndroidもどんぐりの背丈比べみたいになってきて、どっちも凄い機能性はめちゃくちゃ高くなってきています。

但し、ApplePayやiTunesやシンプルさなどではiPhoneの方が圧倒的に上回っていると思います。

でもiPhoneはいくらシンプルで美しく、Appleが作ったサービスが充実しているからと言っても少し値段が高いなあと感じています。

またAppleは値段の割に3年くらいたつと端末の保証がされなくなったりとコスパで考えるには微妙な感じがします。

 

今のiPhoneって大体機種代が10万円近くするのに対し、Androidは約3万円なので、1/3の価格です。

ぶっちゃけそこまでこだわらなければ機能性は変わらないと思うので、機能性もちょっと比べてみましょう。

iPhone XとAndroidのHUAWEI P20 liteを簡単に比較してみた

Androidはめちゃくちゃ種類がありすぎて、どれを代表例に出して良いかわかりませんでしたが自分の使っているP20 liteを代表例として紹介していきます。

HUAWEI P20 liteiPhone X
OSAndroid 8.0iOS 11
CPUHiSilicon Kirin 659Apple A11
CPU クロック2.36GHz/1.7GHz2.4GHz
RAM4GB3GB
ストレージ32GB(SDカードで拡張可能)64GBまたは256GB
電池容量3000mAh2,716mAh
メインカメラ約1600万画素+約200万画素1200万画素(デュアルカメラ搭載)
フロントカメラ約1600万画素700万画素
4K動画ありなし
指紋認証ありなし
顔認証ありあり
画面サイズ5.8インチ5.8インチ
厚み7.4mm7.7mm
重さ145.0g174.0g

これをザックリ見ていくと、いくつかの部分はAndroidであるHUAWEI P20 liteの方がiPhoneXよりも数字で言えば上回っている機能があるので正直、基本性能をいくら比較してもあんまり意味がないと感じました。

なので、iPhoneもAndroidも使ったことある自分がそれぞれのいいところをまとめていきたいと思います。

ワイの使っているHUAWEI P20 lite

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥20,511
(2019/09/01 07:25:26時点 Amazon調べ-詳細)

iPhoneのいいところ

iPhoneを実際に使っていて、友人が使用しているのを見てよかったと思った部分が以下です。

Appleが出しているサービスと連携するとiPhoneが最強になる

例えば、Apple PayやiTunesなどのAppleが出しているサービスですがこれらは非常に便利だと思います。
Apple payでのSuicaの機能なんかはかなり便利だなと見ていて思いました。

毎回、電車に乗る時にICカードを取り出して残額不足でゲートに引っかかった時の気持ちを味わう必要はありません。

Apple Payならどこでも残額確認ができて、チャージもできるのでかなり便利だと思います。

また、iTunesはバックアップを簡単に取ることができるので機種変更した時はまたそのパソコンにつないでiTunesに接続するだけで簡単に新しいiPhoneに引き継げるのが魅力的だなと思いました。

アプリの質がしっかりしている

iOSのアプリにはApple Sotreに並ぶまでに審査に通ったアプリしか並びません。もちろんAndroidのGoogle playも審査はあるのですが、Appleの審査ガイドラインはかなり年々厳しいものとなっており質の良いアプリがかなりある印象でした。
iPhoneのアプリはアイコンから何から何まで好みのものが多かったのでアプリは高評価です。

iPhoneはシンプルで使いやすい操作性

iPhoneのなんと言ってもいいところは、Androidとは違って無駄なものが無い感じが凄いあります。
人間の直感に従う設計がされているのか、とてもスムーズに説明書を見なくても簡単に操作ができるのとiOSのデザイン性がとてもシンプルな設計になっています。

Androidのいいところ

次にAndroidを使っていて、いいなと思った部分が以下です。

Androidはとにかく安い価格で手に入る

Android端末は、SONYやSAMSUNGなどの色々な会社が販売しているためどんどん価格の競争をしています。

iPhone端末であれば、Appleしか出している会社が無いためiPhoneをAppleは独占状態しているために値段が下がりにくいのです。
そのためAndroidは安く高機能なものを手に入れやすいのが特徴です。

今回、自分が購入しているHUAWEI P20 liteもiPhone Xの機能に引けを取らないのにも関わらず1/3の価格で収まっているので、かなりお得です。

SDカードが使えるからストレージ容量を気にせずに使える

iPhoneの弱点はどんなに頑張ってもストレージが限られているところです。自分がiPhone5を手にした時に安いからという理由で16GBを選択したのですが、半年くらい写真や動画、アプリなどを入れるに入れまくったらすぐにいっぱいになってしまって、「撮っては削除」するような生活に追いやられていました。

Androidではmicro SDカードなど使って簡単に128GBなどに容量を増やせるので、使い勝手がかなり良いです。

もちろん今では256GBのiPhoneがあるのでそれを買えばいいのですが、iPhoneを買っても5年持つとは思えません。理由はAppleは毎年のペースで新商品を出し続けているためアップデート対象外にすぐに入りやすいためです。

なので、ストレージを大きいものを買っても長く持つことは期待しない方が良いかと思います。

カスタマイズ性が豊富

ウィジェット機能といって時計屋天気予報などなんでも自分のAndroidのトップ画面などに置くことが可能です。
iPhoneも可能といえば、可能ですが、iPhoneよりもウィジェット機能が豊富で好きなところに配置してカスタマイズができるのがAndroidの良い点です。

Androidに対する良アプリが増えてきた

やっぱりAndroidも最近進化しているスピードも早い分、いろんな企業が良いアプリやサービスが普及し始めたことでしょうか。
一番、Androidに移行をスッと決められるようになったのはもう音楽をiTunesで管理せずにクラウド上で聞けるようになったからですね。

例えばAndroidを使う上で便利にしてくれたサービスは以下があります。

Amazon Music Unlimited

Amazonが出しているサービスです。
移動中とかの音楽は全部、オフラインでも聞けるようにダウンロードして持ち運んでいます。これでいちいちパソコンと繋ぐ無駄な作業も増えた上にインターネットに接続できる環境さえあればいつでも音楽を聴くことができるのでめちゃくちゃ便利です。

ちなみにAndroidだけでなく、iPhoneユーザーでも使用することが可能です。

今なら3ヶ月99円らしいです!

Amazon Music Unlimitedを使ってみる

Kindle Unlimited

こちらもAmazonが出しているサービスで、暇なときはこれで本を読んでいます。
こちらも同じく、オフラインでも読書できるようにダウンロードして持ち運ぶことができます。

Amazon Kindle Unlimitedを使ってみる

結局、iPhoneからAndroidに変えた理由

Androidの方がコスパがいいからです。

結論でも述べていますがコスパで言ったらAndroidですが、やはり海外で盗難にもあったりしたり、画面バッキバキに割れたりした経験を何度も経験した自分から言うと、5年も同じ携帯を使っていることはほぼ無いんじゃ無いかなと思います。

理由は、iPhoneは高い割に直ぐにアップデート対象外になるからです。

自分が2014年にちゃっかり新品で買ったiPad miniもiOS9.3.5までしかアップデート出来ず、アップデート対象外となりました。そんなワケでApple Storeから新作のアプリをダウンロードするとほとんど対象外となり、アプリすらダウンロードできません。

正直、スマホでアプリがダウンロードができなくなったらほぼ意味を持たないですよね?

なので、そこまで長くないスマホに10万円くらいを払う価値を見出せませんでした。

あんまりコスパがiPhoneは良いと感じられないため、Androidに変えたのです。

でも人によってはiPhoneの方が良いなと思います。自分自身もiPhoneが恋しくなるので。

どんな人にiPhone、Androidがオススメなのか?

iPhoneは使いやすくて、使っているユーザーも多いのでこんな人にオススメだと思います。

iPhoneをおすすめする人

・初めてスマホを持つ人
・ブランドモノが大好きな人
・iPhoneじゃなきゃ嫌だと言うコダワリがある人

Androidをオススメする人

・携帯代を安く抑えたい人
・よく携帯を無くしたり、壊してしまう人
・色んなカスタマイズをしたい人

自分が思うにこんな人にAndroidやiPhoneはおすすめだと思います。

最後に:iPhoneはカッコイイけど、寿命の早い携帯には高すぎる。

iPhoneはコスパ悪め。

Androidはコスパ良さげ。

iPhoneは当初5万円前後で買える機種があったのにも関わらず、今では10万円近く出さないと買えない機種だけになってしまいましたね。

もちろんiPhoneが拘っている、ユーザーエクスペリエンスや機能性やサービスは素晴らしいと思いますが、一生モノではなく、2年や3年で変えてしまうものに10万円前後を支払うのがちょっと気が引けてしまいます。

iPhoneはAppleが独占しているため、年々値段が上がっていき15万円となったら皆さんは次どうしますか?

そのお金で自分は海外旅行に行ったり、他の習い事や資格にチャレンジしたりしたいって思ってしまいます。

やっぱりスマホはほぼ毎日触るものだけあって、壊すリスクも高いのでそこまで高い値段を払わないで最低限の機能があれば十分だと考えてしまいますが、そう考えている人も少なく無いと思います。

「毎日使う携帯だからこそ、コスパも考えましょう」

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥20,511
(2019/09/01 07:25:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

長々とありがとうございました。

ABOUT ME
山田 裕太(やまちゃん)
現在、東京とセブを行き来する大学4年生のwebデザイナー。高校時代に情報科に所属していたことから、困っている人をwebの力で助けたいと思いながら、大学2年次セブ島へ留学したり、大学4年時ではスタディツアーを大学生向けに運営したり、かき氷店の出店を見据えたかき氷販売などをセブ島にてする。20代の若者達に新しい生き方に挑戦できるロールモデルとして「Yamalog.online」を運営。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus