Gopro

なぜ、GoProのタイムラプス機能が凄いのか?iPhone Xと何が違うの?

iPhoneにも知らず、知らずのうちについているタイムラプス。

この機能を一度使ってみて、もっとかっこいい映像撮りたいなんて思った方も少なくないのではないのでしょうか。

実際にGoProに搭載されているタイムラプスの機能にはどんなものが搭載されているのかを紹介していきたいと思います。

 

タイムラプス機能とは

タイムラプスってそもそも何なのか?

GoProにどうやらそんなタイムラプスって機能がついているらしいという人に紹介すると、景色などの時間の経過映像を早送りにしてまとめられたものになります。

例えば、5分間の雲の流れが3秒などに短縮されたような映像をイメージして頂ければ良いです。

例えばGoProのタイムラプスの動画はこんな感じになります。

海で撮られたタイムラプスの映像なのですが、雲の流れなど美しい映像がGoProでは撮られていました。

 

iPhoneで撮られたタイムラプス

iPhone Xまでになるとかなり良いタイムラプスの映像を気軽に撮ることができます。

 

1つ懸念点なのが、時間間隔を調整できないことでしょうか。

撮影時間書き出される動画の長さ撮影間隔
1分間40.5秒間隔
5分間200.5秒間隔
10分間201秒間隔
30分間302秒間隔
60分間30 4秒間隔

どんなに長く撮影してもだいたい30秒くらいに収まるように調整されているらしい。

現状のところでは、デフォルトのiPhoneのカメラでは、この時間間隔を変えることができないらしい。

 

iPhoneでも十分なタイムラプスの映像を撮ることができるのですが、映像にこだわりたい時はGoProを持っているとさらに豪快な映像を撮ることが可能になるので、GoProのタイムラプス機能の方も紹介していきたいと思います。

 

GoProのタイムラプスにはどんな機能があるの?

GoPro HERO6には主に3つのタイムラプス機能が付いております。

・タイムラプスビデオ

・タイムラプス写真

・ナイトラプス写真

 

これらの違いとしてはタイムラプスビデオに関しては、自動的にビデオを作成してくれます。

その他のタイムラプス写真やナイトプラス写真に関しては、静止画の写真をつなげて動画に変換する必要があります。

 

GoPro HERO6のタイムラプスビデオの設定に関して

タイムラプスビデオの設定に関して、少し説明していきたいと思います。

 

タイムラプスの詳細設定

 

解像度

4K, 2.7K 4:3, 1080

間隔

0.5, 1, 2, 5, 10, 30, 60

画角

広角・ズーム(4K時はズーム不可)

解像度は4Kまであります。基本的には4Kを選んだ方が良いでしょう。

 

時間間隔について

iPhoneと違って、自動で動画の間隔を作ってくれませんが、自分でシャッターを切るタイミングを設定できるのは撮りたい映像によって変えることができるのでかなり良いポイントですね。

今回は各時間間隔設定において、30fps30秒のタイムラプスビデオを撮るのにどれくらいの時間を要するのかをまとめてみました。

時間間隔設定

30秒の動画(30fps)を作るのに必要な撮影時間

0.5

7分30秒

1

15分

2

30

5

1時間15分

10

2時間30分

30

7.5時間

60

15時間

 

ちなみに30fpsの動画を作るには、1秒あたり30コマ必要になります。60秒の時間間隔の場合、30分撮影してやっと1秒の動画になります。

30秒の動画を60秒ごとにシャッターをきっても、15時間もかかります。

 

画角について

画角については広角の映像を撮ることができので、空や海など広い映像を撮るのにはかなり向いていますね。

もちろんズームもすることはできますが、4Kでの撮影時にはズームが不可能となっております。

 

タイムラプスを綺麗に撮りたい場合

みなさんGoProでこんな映像撮ってみたいですよね?

 

タイムラプスを綺麗に撮影したい時には三脚を使用することをおすすめ致します。

そんな時は三脚を使うことをおすすめします。また普通の三脚では使う用途が限られてしまっているので、壁などにも固定できるこちらの三脚がおすすめです。

三脚って折りたたんだり、思いイメージがあるのですが、こちらの三脚はGoProと一緒に気軽に持ち運べるので便利です。

 

 

長時間タイムラプスを撮るときの注意点

長時間タイムラプスを撮るときの注意点としては、時間によっては連続で15時間など撮影する必要があります。そうなった場合には、バッテリーの懸念もあるでしょう。そうなった時のタイムラプスの映像撮影時に便利なのがモバイルバッテリーを繋ぎながら撮影する方法です。

是非、大容量のモバイルバッテリーを活用くださいませ。

 

ABOUT ME
山田 裕太(やまちゃん)
現在、東京とセブを行き来する大学4年生のwebデザイナー。高校時代に情報科に所属していたことから、困っている人をwebの力で助けたいと思いながら、大学2年次セブ島へ留学したり、大学4年時ではスタディツアーを大学生向けに運営したり、かき氷店の出店を見据えたかき氷販売などをセブ島にてする。20代の若者達に新しい生き方に挑戦できるロールモデルとして「Yamalog.online」を運営。
関連してよく読まれている記事
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus