Gopro

Goproの使い方 – スローモーションを美しく撮れる方法!

いよいよGoPro Hero7も発売して、GoProの新機能を試している方も多いと思います。

GoPro Hero7についてまだどんな機能があるのか知らない方はこちらをご覧下さいませ。

【7つの最新機能登場!】GoPro HERO7の3種類のモデルについて特徴や値段まで徹底解説!2018年9月20日に、いよいよ発表されたのがGoProの新シリーズHero7です。 GoProも2017年には新型GoPro Her...

そんな中でGoProの映像クリエイター達が撮っているようなスローモーションの美しい映像を撮ってみたいなんて思ってGoProを購入する方も多いと思います。

そこで今日はどうやって「スローモーションな映像」をGoproで撮っているのかを知りたいと言う声も多数あったためその方法を教えちゃいます。

GoProでスローモションを美しく撮るならFPS数をチェックしよう!

このようにGoproのビデオ設定より、fpsの数値を確認して設定しよう!!

FPSの数値が上がれば上がるほど、細かく撮れるからスローにしても綺麗な映像が取れる。

FPSの数値が下がれば下がるほど、間隔を置くためスローにすると気持ち悪い映像になる。

FPS30→60→120→240

上がれば上がるほどスローにした時に滑らかな映像になります。

そもそもfpsとは

Goproの動画編集以前に、FPSってなんだよと思われている方もいらっしゃるかと思いますが、FPSとは1秒にどれくらいの静止画シャッターを切るかとという数値を表しています。

つまりこの数値が高いほど、GoProはそれだけシャッターを切っていることになります。

このFPS数値が低いほどあまりシャッターを切っていないので映像があまり多くありません。

FPS数値が低いほど、映像が映像が無い分カクカクしてしまうのです。

GoProでスローモーションの映像を綺麗に撮るための2ステップ

GoProでスローモーション映像を綺麗に撮る方法は大まかに2ステップでできます!

1. GoProのFPS設定数値をなるべく上げて映像を撮影しよう

最低でも60FPS以上は欲しいです。なるべく高ければ高い方が細かい映像を撮ることが可能です。もちろん高ければ高いほどビデオの長さも変わるので多少編集が大変になるかもしれません。

2. 編集ソフトで撮影した映像の速度を調整しよう!

iMovieの編集画面ですが、編集ソフトでビデオの速度設定を変更しましょう。

50%は半分の速度になります。

これで使いたいシーンだけを撮れば綺麗なスローモーション映像を撮影することは可能です。

Gopro Hero 6のFPS数もここまで進化している

 

なのでこのように数値が多ければ、多いほどたくさんコマ撮りをしてくれているということでスローにしても鮮明な映像がGoproでは撮影が可能なのです。

 

逆にこのfpsの数値が低い状態で撮影をすると少し動画の速度を落とすとカクカクした映像になってしまいます。

 

 

それはコマが細かく撮れていないために起きてしまう現象なのです。この映像を見るとわかりやすいです。

GoproHero 4silver Editionなので最大のコマ撮り数値は720p120fpsでかなり細かく映像を撮ってくれます。

pkなどは簡単にいうと解像度の高さを示しています。

Goprofps設定をいじるだけでこんな映像が撮れる!

 

これは私のinstagramからの映像なのですが、このようにスローモーションを使って動画を彩っています。

これはGoproの使い方をまだ知らないよ。って方でも簡単にfps設定をいじるだけで簡単にできます。

最後に:綺麗にGoProでスローモーションを撮るならFPSを上げよう!

Goproの設定でFPSを120fpsまたは240fpsといった高fpsにしよう。

いかがだったでしょうか。本当に簡単に書かさせてもらったのですが、fps設定をGoproでするだけで簡単にスローモーション映像が作れちゃいます。

是非、面白い一瞬を逃したくない映像ほどこのFPSを上げて撮影してみても良いかもしれません。

もっと美しいGoProの映像を撮りたい場合はGoProアクセサリーも見てみよう!

【最新】GoPro HERO7対応の用途別おすすめアクセサリー23選いよいよ先日GoPro Hero7シリーズが発売されましたね。今やインスタグラムなどのSNSをはじめ、GoProで写真を更新する人もかな...
ABOUT ME
山田 裕太(やまちゃん)
現在、東京とセブを行き来する大学4年生のwebデザイナー。高校時代に情報科に所属していたことから、困っている人をwebの力で助けたいと思いながら、大学2年次セブ島へ留学したり、大学4年時ではスタディツアーを大学生向けに運営したり、かき氷店の出店を見据えたかき氷販売などをセブ島にてする。20代の若者達に新しい生き方に挑戦できるロールモデルとして「Yamalog.online」を運営。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus