Gopro

【2018年度決定版】値段も安くて、機能も最高なコスパの良いGoproのモデルは?

今では、旅行やちょっとした旅に行く時には、Goproを持って出掛ける人も近年増えましたね。

映像を気軽に始めてみたい人や、インスタグラマーや映像のプロにまで愛されているGoproシリーズ。

そこで今日はその人に合った、Gopro(ゴープロ)を値段と機能を比較してあなたにオススメなGoproのモデルを紹介したいと思います。

 

そもそもGoproって、何?

 

Goproって何?

今時、スマホにカメラがついているから簡単な映像編集はそれで良いじゃん。って思う方もいるかもしれません。

もちろん、今のスマホは解像度や手ブレ補正機能も充実しており、わざわざ高い値段のカメラを買うのも必要ないくらいになりました。

しかし、Goproにしか出せない映像というものがあります。

 

Goproにしか出せない映像のクオリティはコチラのiPhone VS Goproの記事をご覧になって頂ければわかるかと思います。

[kanren postid=”2434″]

 

旅は3ヶ月に1度くらいの初心者にオススメなGoproはどれ?

Goproには様々な種類があり、スペックや仕様が異なります。やはり初心者の悩みは、あまりいきなり高い値段のものを購入して、使えないものだったらかなりの損になりそうですよね。

そこで値段とスペックを見て、おすすめの機種を紹介します。

 

これからGoproを始めるエントリー向けのモデルGopro HERO

 

1つ目にオススメなのは、「Gopro HERO」です!

Gopro(ゴープロ) Hero 6の発売によって、Hero 5も型落ちシリーズとして価格も下がりましたが、20184月にGoproはもっとお手頃の価格でも購入できるような値段になって発売しました。

Goproシリーズの廉価版ですが、実は以前「Gopro HERO」という同じ名前で発売していました。しかし、当時はHERO sessionシリーズなど細分化されていたり、今みたいにBluetooth機能の通信機能だったり、液晶画面が搭載されていなかったり、価格もそこまで現在の最新モデルと値段も当時は変わらない程だったためそこまで注目ダレるプロダクトではなかったのです。

しかし、Gopro HEROの凄いところは当時のモデルから大幅に改善されているかつ値段もリーズナブルなところですね。

どこが改善されたかと言うと、液晶画面が搭載され、Bluetoothの通信機能がついて便利になりました。

Gopro HERO6の半額の値段で購入することも可能で、始めてGoproシリーズを持つという方にはおすすめのモデルとなります。

 

Gopro HERO スペック

公式サイト価格:26,000円(税込)

動画画質1080p60
静止画画質10MP/10fps
防水機能10m
音声コントロール
タッチディスプレイ
Wi-Fi+Bluetooth
タッチズーム – 
GPS– 
Protune– 
Goproアプリ接続 〇

 

 

1つ型落ちの低価格を狙うならGopro HERO 5

 

2018年現在の現行モデルの中では、一番古いモデルになるのがこのGopro HERO5 Blackです。

型落ちのモデルということもあって、Gopro HERO6より1万円程安く公式サイトでも購入することができます。

古いモデルとは言え、基本的な性能などはGopro HERO6とほとんど変わりません。

 

Gopro HERO6と違う点は以下です。

[aside type=”boader”]

・ビデオ撮影においてHERO64K/60pに対してHERO 54K/30pというフレーム低下

・タッチズーム非搭載

HDR写真非搭載

5GHz Wi-Fi による高速転送非搭載

・音声起動非搭載

GP1チップ非搭載により多少の処理機能の違い

[/aside]

 

HERO6と違う点はこれくらいしかありません。HERO5からHERO6はマイナーアップデートばかりで、値段も1万円以上変わってくるので、映像を仕事にする人やどうしても最新モデルじゃないと嫌って方以外ならかなりコスパの良いモデルとなっております。

 

Gopro HERO 5 Blackのスペック

公式サイト価格:42,000円(税込)

動画画質4K 30fps
静止画画質12MP/10fps
防水機能10m
音声コントロール
タッチディスプレイ
Wi-Fi+Bluetooth
タッチズーム – 
GPS〇 
Protune
Goproアプリ接続 〇

現在Amazonでは33,000円くらいの価格で購入できるようになっています(20188月現在)ので、これくらいの値段で買えるのであれば、Gopro HEROを買うよりも、動画画質が多彩なHERO5 Blackを買った方がお得と言えるでしょう。

 

 

高品質な映像を撮りたい方にオススメなGoproのシリーズはどれ?

高品質な映像を常に撮りたければ、もちろん常に最新バージョンが基本的にはオススメですが、どんな映像を撮りたいのかによってどのGoproを使用するかも決まってきます。

そこでここでは、どのGoproがどんな機能を持っているのかを紹介します。

 

アクションカメラの現行代表モデル Gopro HERO6 Black

 

Goproシリーズでも現在最新モデルであるGopro HERO6です。なんとGopro HERO6では、重量も118gを達成しより旅に持っていくには軽くなり、タッチズーム機能など旅動画を迫力あるものにするための機能も充実しました。

4k60fpsを撮ることも可能になりました。本当に映像を極めている方には待ち望まれていた1台でしょう。

 

Gopro HERO 6 Blackのスペック

公式サイト価格:52,000円(税込)

動画画質4K 60fps
静止画画質12MP/30fps
防水機能10m
音声コントロール
タッチディスプレイ
Wi-Fi+Bluetooth
タッチズーム 
GPS〇 
Protune
Goproアプリ接続 〇

現在(20188月時点)、48,000円でAmazonにて購入できるので少しづつお手頃な値段になってきていますね。

 

しかし、今年にGopro HERO7の発売のリーク情報も出ているので最新モデルが欲しいという人は待つべきかと思います。しかし、現在公開されている情報だとあまり大幅なアップデートが見込まれていないのが現状です。

[kanren postid=”2650″]

 

 

旅をもう一層楽しくしてくれるGoproシリーズ初の360度カメラGopro Fusion

 

これまでGoproKarmaシリーズなどと言った、ドローンカメラ事業を展開してきましたが、20179月に発売されたGopro Fusionでは全く違う360度カメラに展開していきました。

Gopro Fusionの素晴らしいところは他の360度カメラにはない、5m防水機能や最大画質5.2k/30fps対応や360度音声に対応するなどオリジナルの機能を搭載しているところです。

 

 

360度カメラが庶民的になったとは言え、まだまだ使い方が難しい点はいくつかあります。

GoPro Fusionの難しい点

[aside type=”boader”]

・2つ別々のレンズで撮影するためSDカードが2枚必要。

Goproのアプリがあなたのスマホに対応していない可能性がある

Fusionの動画編集には高スペックなPCが求められる

[/aside]

 

こう言った注意点はありますが、ここまでの映像をアマチュアからプロになろうとしている人でもこの価格帯で360度カメラを扱えるところが魅力的といったところでしょうか。

 

Gopro Fusionのスペック

公式サイト価格:88,000円(税込)

動画画質5.2K 30fps
静止画画質18MP/30fps
防水機能5m
音声コントロール
タッチディスプレイ
Wi-Fi+Bluetooth
タッチズーム –
GPS〇 
Protune
Goproアプリ接続 〇

Goproシリーズ簡単比較表

 

製品名

HERO6 Black

HERO5 Black

HERO Hero

Fusion

発売時期

20179

201610

20183

20184

対応動画画質

4K60/1080P240

4K30/1440P80/1080P120

1440p60/1080p60

5.2K30/3K60

防水

10メートル

10メートル

10メートル

5メートル

WIFI + BLUETOOTH

風音低減機能

音声コントロール

ビデオ安定性能

Advanced

タッチ ディスプレイ

クラウドへの自動アップロード

タッチズーム

位置情報取得(GPS)

RAW + WDR 写真

Protune

ポート

USB-C、マイクロHDMI

USB-C、マイクロHDMI

USB-C

USB-C

値段(公式サイト

52,000円(税込)

42,000円(税込)

26,000円(税込)

88,000円(税込)

 

まとめ:コスパで買うなら圧倒的にGopro HERO5 Blackで十分。

 

現在、Gopro HERO 7のリーク情報も出ていますが、次期Goproも大幅なアップデートは現在見込まれていません。

価格も現行のものをAmazonで買った方がかなり安くお得な値段のものばかりなので、ちょっぴりこれからGoproライフを送るという方はGopro HERO5 Blackがオススメかと思います。

僕は趣味で動画を撮るだけなのでGopro HERO5 Blackで十分です。

コスパ1位はGopro HERO5 Blackです。(20188月現在)

・本当にGoproを始めるけどあんまりお金を出したくない人向け

→GoPro HERO

・最強の値段と機能コスパで考える人

→GoPro HERO5 Black

・タッチズーム使ってみたいかつ4K/60fpsに挑戦したい人

→GoPro HERO6 Black

360度カメラという新しい領域にチャレンジしたい人

→GoPro Fusion

・常に新しいモノ好き

GoPro HERO7 発売まで待とう!

 

こんな感じかと思います。それぞれの用途に合ったGoproを買うべきかと思います。

現行Goproは大差があると言われたらそこまで無いので、どれを買っても間違いはないかと思います。

ABOUT ME
山田 裕太(やまちゃん)
現在、東京とセブを行き来する大学4年生のwebデザイナー。高校時代に情報科に所属していたことから、困っている人をwebの力で助けたいと思いながら、大学2年次セブ島へ留学したり、大学4年時ではスタディツアーを大学生向けに運営したり、かき氷店の出店を見据えたかき氷販売などをセブ島にてする。20代の若者達に新しい生き方に挑戦できるロールモデルとして「Yamalog.online」を運営。
関連してよく読まれている記事
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus