Gopro

【7つの最新機能登場!】GoPro HERO7の3種類のモデルについて特徴や値段まで徹底解説!

2018年9月20日に、いよいよ発表されたのがGoProの新シリーズHero7です。
GoProも2017年には新型GoPro Hero、GoPro Hero5 Black、GoPro Hero6 Black以外は廃盤という形になり、GoProのラインナップもよりコンパクトとなりました。

そんな中GoPro Hero6 Blackの発売が2017年9月29日から約1年経った今、GoPto Hero7シリーズが帰ってきました。
今回は、GoPro Heroシリーズでも3種類のモデルが発表されたので、そのGoPro Hero7の3種類のモデルについて徹底解説をしていきたいと思います。

最新モデルシリーズ「GoPro Hero7」


今回のGoPro Hero7シリーズでは、3種類のGoProが発表されました。今までかつてのGoProシリーズと違う点は3種類のカラーバリエーションがあることや、それぞれのカラーによって必要機能によって値段が多少変わるところです。

GoPro Hero7シリーズでは、Black、Silver、Whiteの3種類のGoProが今回はリリースされました。値段や機能は多少違うところがありますが、GoPro Hero7全てにおいて加わった機能がありますので、そちらを最初に紹介したいと思います。

3つのGoPro HERO7モデル一覧価格

* GoPro HERO 7 Black (税込53,460円)
* GoPro HERO 7 Silver (税込41,580円)
* GoPro HERO 7 White (税込31,860円)

現在の公式の価格はこのようになっており、発売日は9月27日となっています。

GoPro Hero7で追加された新機能

新機能1:今までの手ブレとは考えられない手ブレ補正「HyperSmooth」機能(Blackのみ搭載)


GoPro Hero7の中でも最も注目されている機能がHyper Smooth機能になります。
この機能はシンバルを使ったくらい、手ブレを補正してくれてなめらかな映像を撮ることが出来ます。
なので、あらゆる振動に対して手ブレを加えてくれて、映像がめちゃくちゃ滑らかになります。

公式にGoProが公開している映像を見ればわかるかと思いますが、従来のGoProシリーズとは比にならない程、手ブレ軽減されているのがわかります。

新機能2:動きながら滑らかなタイムラプスが撮れる「Time Wrap機能」(Blackのみ搭載)

 

 

View this post on Instagram

 

Magic carpet ride. 9.20.18

A post shared by GoPro (@gopro) on


今までのタイムラプスの映像を撮る際は、定点撮影が基本でした。しかしGoPro Hero7 Blackは動きながらタイムラプスを撮影しても、違和感のない映像が撮影できるようになりました。
今までのGoProシリーズには無い形で、撮影を楽しむことが出来そうですね。

新機能3: 美しい写真に自動調整「スーパーフォト機能」(Blackのみ搭載)

引用:GoPro HERO7 Black 

これまでのGoProシリーズもHDR撮影が可能でしたが、GoPro Hero7 Blackからはそれを上回る機能としてスーパーフォト機能が追加されました。ノイズ低減やコントラスト調整を自動でしてくれる魅力的な写真機能です。
動画だけでなく写真の機能にも力を入れてきたことが伺えます。

実際に公式サイトに掲載されているものを比較してみると、スーパーフォト機能と通常の写真では景色が全く違いますね。

新機能4: 声で写真や動画に切り替え可能!?「音声コントロール機能」(Blackのみ搭載)

引用:GoPro HERO7 Black 

今まで手が塞がってしまって撮りたい瞬間逃してしまうことなど従来のGoProではみなさん経験してきたのでは無いでしょうか?
今回のGoPro Hero7 blackでは、音声入力で動画や写真を撮ることが可能になりました。
どこまで声を拾ってくれるのかは、まだわかりませんがかなり実用的な機能になってきたのではないでしょうか。

新機能5: これで1瞬も見逃さない!8倍スローモション(Blackのみ搭載)

ついにGoPro Hero7 Blackでは1080p240コマで8倍スローモーションを搭載することになりました。これでかなり細かいシーンをスローで楽しむことができるようになりました。
ちなみにSilverとWhiteは2倍です。

新機能6: これでセルフィーもお手の物!セルフタイマー機能搭載

引用:GoPro HERO7 Black 

今までの従来のGoProシリーズでは、シャッターを切るとき時間を置いてから写真を撮るということができませんでした。しかし今回のGoPro Hero7からは、セルフタイマー機能が実装したので、セルフィーやグループなどで写真を撮るときに、みんなでカウントダウンして写真が撮れるようになったので写真も楽になりました。

新機能7: 携帯と連動させてライブストリーミング機能搭載!(Blackのみ搭載)

今までの従来のカメラではライブストリーミングをGoProでするのは、ミラーリングしたりかなりの力技が必要でラグなどもありました。
しかし、GoPro Hero7 BlackからはFacebookなどに連動させてライブストリーミングをGoProがあれば出来てしまう機能が搭載されたので、新しい楽しみ方が増えそうです。

GoPro HERO7シリーズの違いを比較

引用:GoPro Official Website – Capture + share your world – Meet The Lineup: HERO7 Silver and HERO7 White

GoPro HERO7では3つのカラーバリエーションが存在しますが、一体どのように機能が違うのかを紹介していこうと思います。一応、上記には記載したのですが新機能は全てBlackには含まれているが、SilverやWhiteには含まれていないものなどがあるのでそちらと値段を紹介します。

引用:Here’s how much GoPro’s new Hero 7 action cameras cost in Canada

新機能が至れる尽くせり!GoPro HERO7 Black

Blackといえば、今までのモデルの通りGoProの中でも最上位モデルに値します。そのため新機能として搭載された、「HyperSmooth」や「Time Wrap機能」など、上記の新機能7つが紹介されていると思いますが、そちら全てがGoPro HERO7 Blackには搭載されています。

GoPro HERO7 Silver Blackの機能まで必要としない方向けの中堅機

「HyperSmooth」や「Time Wrap機能」などの新機能はSilverには含まれていませんが、価格は1万円以上ダウンした価格でGoPro HERO7を入手することが出来ます。
特にGoPro HERO7 Silverの魅力は、「4K30」撮影が可能、「防水10m」、「音声コントロール機能」と言えるでしょう。

価格を落としながらも「4K30」高画質機能撮影をしたい方向けの機種といえます。

GoPro HERO7 White 入門ならこれに決まりの廉価版モデル!

今回登場したHERO7の中で最も価格が安い廉価版になります。何が違うのかといえば、「1080p60」の最高FullHD画質がGoPro HERO7の機種の中で最も下位のモデルと言えるでしょう。
しかし、画質以外の機能ではSilverと機能面はそこまで変わりはないといえます。

安くFull HD撮影をGoProで楽しみたい方向けになっております。

まとめ:GoPro HERO7 Blackは大きく進化した!

GoPro HERO7 Blackはかなり大きく機能が進化したと言えるでしょう。もうすぐGoProを買い替えようと検討している方にはかなりオススメな機種かと思います。

従来のGoProより進化した新機能7つ

新機能1:今までの手ブレとは考えられない手ブレ補正「HyperSmooth」機能(Blackのみ搭載)
新機能2:動きながら滑らかなタイムラプスが撮れる「Time Wrap機能」(Blackのみ搭載)
新機能3: 美しい写真に自動調整「スーパーフォト機能」(Blackのみ搭載)
新機能4: 声で写真や動画に切り替え可能!?「音声コントロール機能」(Blackのみ搭載)
新機能5: これで1瞬も見逃さない!8倍スローモション(Blackのみ搭載)
新機能6: これでセルフィーもお手の物!セルフタイマー機能搭載
新機能7: 携帯と連動させてライブストリーミング機能搭載!(Blackのみ搭載)

GoPro Hero7といえど、BlackとSilverでかなり大きな機能差があるように感じますので、もし購入を検討されるのであれば、BlackかWhiteが堅実かと思います。

是非、これを機にGoPro新機種購入を考えてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
山田 裕太(やまちゃん)
現在、東京とセブを行き来する大学4年生のwebデザイナー。高校時代に情報科に所属していたことから、困っている人をwebの力で助けたいと思いながら、大学2年次セブ島へ留学したり、大学4年時ではスタディツアーを大学生向けに運営したり、かき氷店の出店を見据えたかき氷販売などをセブ島にてする。20代の若者達に新しい生き方に挑戦できるロールモデルとして「Yamalog.online」を運営。
関連してよく読まれている記事
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus